頚椎ヘルニアの原因について解説しています。

原因について

頚椎ヘルニアの原因は何か、まず肉体労働やスポーツなどがイメージされますが、もっとも多い発症原因は日常生活の些細なこと、姿勢の悪化やちょっとした急な動作です。

また、頚椎ヘルニアの場合は老化や外的外傷も原因として挙げられます。

加齢による骨の老化ですが、特に40代以降の女性に多い骨粗鬆症が大きく影響しているケースが増えています。骨粗鬆症になると骨が欠けてしまったり、このことで椎間板が痛んだり潰れる可能性も高まります。

骨がスカスカになってしまい、生活の些細な動作1つでも骨折しかねない状態ですので、できるだけ早くから骨の弱体化に気付いてカルシウム補給をし、骨を丈夫にするために筋力トレーニングなどの運動をこなしていくことが大切です。

他には日常的な姿勢の悪さもやはり影響します。特に首の部位ですから猫背は代表的な姿勢の悪さです。バランスの悪い状態を維持していると、椎間板に無理な力が長い間かかっていることになり、ある日突然、椎間板が悲鳴を上げて神経を圧迫することになります。

他によくあるのがゴルフなどの脊椎を捻りやすいスポーツでの発症です。疲れが溜まっているにも関わらず、急に力んだりして急激な痛みとともに発症することがあります。

また、骨に歪みやバランスの悪さがある場合は危険な状態です。頚椎ヘルニアは避けて通れない状態だった、と判断されることが常です。

脊椎は骨盤から頭部まで伸びていますが、脊椎を守る筋肉バランスが常に悪かったりするとやはり発症の可能性はどんどん増していきます。このようなことから、頚椎ヘルニアは日常的な努力、予防策の積み重ねによって、充分に回避できる病気であると言えます。

多少の衝撃があったとしても耐えられるような筋力をつけておくこと、そして一定姿勢を長くとらないで、筋肉が疲れたらリラックスする時間を設けることも大切です。

当サイトでは頚椎ヘルニアを改善させる方法として「徳永式治療法」をお薦めしております。この方法で延べ9万人の患者さんが症状を完治され、今まで通りの日常生活に戻ることができています。

もしあなたが長い間、頚椎ヘルニアで悩んでいるのであれば、この「徳永式治療法」を実践することをお薦めします。あなたのその辛い痛みや痺れはすぐに解消されることになると思います。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.