頚椎症を解消する具体的な方法について解説しています。

頚椎症について

頚椎症は中高年の方に多い病気で、首の骨が変形したり、椎間板が変性することで起こります。

また首にある神経を圧迫しますので、四肢に症状が現れるのが大きな特徴です。

頚椎症は主に椎間板組織の老化から起こるものであり、加齢によるものがほとんどです。

加齢の他には外傷で起こしている例も多く、前者では40代に多く、また外傷の場合はスポーツ選手に最も多いと言われています。スポーツの場合は稀に急激な症状が起こることもあり、首から腕にかけての痛みや強い痺れなどが特徴的です。

一般には首の辺りから違和感が始まって、次第に上肢、そして下肢にも徐々に異常が現れるケースが多いと言われています。肩凝りや圧迫されるような痛み、また姿勢を変えたときに痛みが強くなり、肩や上肢への放散痛が現れることもしばしばです。

他には脱力感や疲労感、感覚麻痺や冷え、強張りなども多い症状です。そのままだと日常生活に大きな支障が起こります。

軽い物を持ったり、箸をつかんで食事をするなども困難になり、感覚異常は生活に少なからずダメージを与えますので、しっかりした治療とともに、生活の中での些細な動作にも要注意です。

頚椎症が進行して重くなれば、歩行障害や排尿障害などが現れます。急性期で痛みが酷い場合は安静が求められます。

専用のコルセットを装着して、屈伸や前屈の動作を食い止め、温熱療法や運動療法などを行ない、筋肉や骨のバランスを正常な状態に近づけていきます。

日常生活を過ごすことが難しいと判断された場合は、手術を決断することもあります。神経圧迫が強まるほどかなりの痛みをきたします。

頚椎症は日常生活を脅かすほどの危険な病気ですので、普段からの姿勢の矯正や無理をしない摂生が予防の鍵であると言えます。

もしあなたが、頚椎症で悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている「徳永式治療法」を実践してください。この方法で延べ9万人以上の患者さんが短期間で症状を完治され、通常の日常生活に戻っております。

きっと、あなたが今抱えているお悩みはこの徳永式で解決できますので、1日も早く実践することをお薦めしたいと思います。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.