頚椎ヘルニアの痺れで困っている方はこちらへ。

痺れについて

頚椎ヘルニアの主な症状として手のしびれがありますが、これはかなり辛い症状になります。ただ、痺れといっても手が震えるようにしびれるわけではなく、主に神経が圧迫されることによって、しびれにごく似た感覚が伝わってしまう現象です。

冷たかったり熱かったり、手は様々な知覚を脳に伝達しますが、この神経が圧迫を受けると、実際には起こっていない痺れの感覚が伝わってしまいます。

また、頚椎ヘルニアでは首を通っている神経が圧迫されますので、しびれが出る部位は手だけとは限りません。脳から首、そして全身に分布するのが神経ですから、実際にはどこに出てもおかしくないとも言えます。

また主にしびれる範囲はやはり手です。肩や上腕、手先など、首のヘルニアがどこにどのように出ているかによって変わってきます。

またしびれは頚椎ヘルニア独特の症状であるとは限りません。例えば単なる肩凝りでも筋肉が硬直してちょっとしたしびれが起こることもあります。

日常的に肩凝りが多い方は、ヘルニアが出ても単なる疲れだろうと考えがちです。肩に痛みが出たり、手にしびれが出たりしても放置しておくと、数時間経ってそれらが強い痛みとなって症状をきたすケースも多くあります。

ですので、肩に痛みが出たり、手にしびれが出たら、早めに診察を受けることが大切です。また、痺れは診察を受けてすぐに治療を受けたとしても、そう簡単には消えるものではありません。

まず初期症状が出たら安静にして、首には頚椎カラーなどを装着して様子を見ることになりますが、そのうちに次第に痛みが取れてきても、しびれだけはまだある、と自覚される場合も多くあります。

頚椎ヘルニアの症状は痛みよりもこの痺れが長く続きます。痺れを緩和する場合、主に温熱療法や運動療法などで緩和していきます。

また日常生活の様々な環境にも注意が必要です。就寝をするとき枕にも注意することが必要ですし、猫背にならないよう姿勢に気を付けたり、日常生活もリハビリの一つとして考え、努力することが大切です。

もし、頚椎ヘルニアのしびれで悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている「徳永式治療法」を実践されてください。この方法で延べ9万人の患者さんが頚椎ヘルニアの痛みやしびれを短期間で完治されております。

きっと、この治療法があなたの首の痛みやしびれを完治させるきっかけになると思いますので、今すぐ詳細を確認してみてください。詳細は下記より確認することができます。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.