頚椎ヘルニアの痛みは取り除くことができますので安心してください。

痛みについて

頚椎ヘルニアとは、頚椎と頚椎の間にあるクッションの役割をしている椎間板が損傷し、椎間板の中に含まれている髄核という物質が圧迫を受けて飛びだし、首周辺の神経を刺激することによって、首や肩に痛みの症状が出るようになります。

その痛みはとても強く、神経が強く圧迫されている場合は、手の痺れが現れたり、手の感覚が鈍くなったりします。

さらに症状が酷くなってくると、病状を完治することができず、後遺症として様々な症状が残ってしまう方も多いため、しっかりとした治療を受けることがとても大事になってきます。

頚椎ヘルニアを発症する主な原因は、加齢による骨の変形や椎間板の老化、筋力の低下、体のバランスの崩れなどがあります。

また若い人に一番多い発症例が外的要因によるものです。外的要因とは、スポーツ事故や交通事故、日常生活における首への負担があげられます。

また刺激した神経の場所によっては、頭部にも異常が発生することもあり、慢性的な後頭部の痛みや目の奥の痛み、それに加えて耳鳴りやめまいなどの症状を引き起こすこともあります。

また頚椎ヘルニアは、下半身にも影響を及ぶすことがあります。何故そのようなことが起きるかと言うと、首周辺には体を司る重要な神経がたくさん通っているからです。

もし、下半身に影響を及ぼす神経を刺激するようなことになってしまった場合、脚の痺れを感じるようになったり、長時間歩くと痛みで動けなくなったり、末期になると排泄障害や歩行障害にまで発展したりと、非常に重い症状になることがあります。

ここまで症状が悪化してしまうと、日常生活を送ることも困難になってきますので、頚椎ヘルニアと診断されたら、できるだけ早く治療を行うことが大事になってきます。

もしあなたが、頚椎ヘルニアに悩まされているのであれば、当サイトでは徳永式治療法をお薦めしております。徳永式治療法とは、今までに延べ9万人以上の頚椎ヘルニア患者さんの症状を完治してきた実績のある治療法です。

ですので、あなたが今お悩みの頚椎ヘルニアも徳永式治療法を実践すれば、必ず完治されるはずです。詳しい内容は下記よりご覧頂くことができますので、頚椎ヘルニアで悩んでいる方は、一度内容を確認することをお薦め致します。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.