頚椎ヘルニアを予防する方法は首周辺の筋力をしっかりと鍛えることです。

正しい予防方法について

首から出る激しい痛みや、手足の痺れなど、様々な症状が表れる頚椎ヘルニアですが、頚椎ヘルニアと首の筋肉量は非常に深い関わりを持っています。

普段運動不足気味の方は、毎日身体を動かしている方よりも、頚椎ヘルニアになりやすいと言えますし、症状の進行具合も変わってきます。

頚椎ヘルニアを予防したいのであれば、定期的にトレーニングを行い、首周辺の筋力を鍛えることがとても重要です。

頚椎ヘルニアを発症する主な原因は、「外部からの非常に強い衝撃」や「普段の生活で少しずつ溜まっている小さな負荷が溜まっていき」、それが引き金となって、頚椎ヘルニアを発症することが多いのですが、この首への負荷を減らすのに役立つのが筋肉です。

鍛えた筋肉はコルセットの役割を果たし、首を支えてくれるようになりますので、外部からの衝撃も最小限に抑えてくれますし、普段の生活で掛かる負荷もしっかりと軽減してくれます。

ですので、頚椎ヘルニアを予防するためには、筋力トレーニングが必須なのですが、首周りの鍛え方といっても、一般の方にはなかなかピンと来ない方が多いのではないでしょうか。

首を鍛えるトレーニングの正しいやり方が分からないと言う方は、今からお伝えする方法をまずは始めてみてください。

やり方は至って簡単です、まずタオルを1枚用意してください。そのタオルをハチマキのように頭に巻き、上下左右と力を入れながら負荷を少しずつかけていきます。

無理のない程度に負荷をかけ、上下左右と首を倒し、この動作を10回2セット~3セット、行なってください。このタオルを使ったトレーニングだけでも、首周辺の筋力は十分に鍛えることができます。

そして、トレーニングを実際に行う際は、必要以上の負荷が掛かるトレーニングをいきなり始めないように注意してください。あまり負荷のかかるトレーニングは、その分首に掛かる負荷が大きくなるので、逆に頚椎ヘルニアを誘発することにも繋がりかねません。

ですので、今まで全くトレーニングをした経験がないという方は、お伝えしたタオルを使った体操や、簡単なストレッチから始めるようにしてください。

正しいトレーニングを毎日続けていけば、首への衝撃を筋力によって分散できる、丈夫な首を手に入れる事が出来るはずです。

もしあなたが、「頚椎ヘルニアを予防したい」、「何か良い治療方法はないか」と探しているのであれば、当サイトでは徳永式治療法をお薦めしております。

お薦めする理由として、20年間で延べ9万人以上の患者さんが、この徳永式治療法を実践したことによって、頚椎ヘルニアを短期間で改善させている実績があるからです。

もしあなたが、「色々な治療を試してきたがなかなか治らない」、「首の痛みや手の痺れに苦しんでいる」、と悩んでいるのであれば、徳永式を一度実践してみてください。きっと、この治療法があなたの悩みを解決する第一歩に繋がるはずです。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.