頚椎ヘルニアにならないためにストレートネックを予防する方法とその治し方についてお伝えしています。

ストレートネックについて

頚椎ヘルニアはストレートネックが原因で発症することもあります。ストレートネックとは本来であればゆるいカーブになっているはずの首の骨が真っすぐになってしまっている状態です。

こうなってしまうと首が常に中途半端に前に突き出る体勢になってしまい、首に大きな負担をかけることになってしまいます。

これを改善するには、骨格の矯正治療を行うのが最も効果的ですが、それだけでは治療後、またストレートネックが再発してしまう可能性があります。そこから頚椎ヘルニアに発展してしまう可能性も高くなります。

ストレートネックになる原因は、生活習慣によるものです。最近ではスマホの見過ぎでストレートネックになってしまうという例も報告されています。

このような事態にならないため、また頚椎ヘルニアを予防するためにはまず姿勢の悪さを治すことが第一です。デスクワークが中心の人は座り方を見直したり、足を組まないように気をつけたりするといいです。

また、左右のバランスが取れていない状態も頚椎ヘルニアになりやすくなるので、右を使ったら同じように左側も使うといったことを意識してください。

他にも、パソコンやスマホの画面は連続して1時間以上見ないことを心掛けるのも有効です。ずっと画面を見ていると身体が同じ姿勢で固まりやすいので、定期的に身体を軽くほぐしてリラックスするようにしてください。

頚椎ヘルニアの積極的な予防方法には、頚椎ヘルニアに対応したストレッチを行うことがとてもお薦めです。

頚椎ヘルニア改善用のストレッチですが、こういったメニューは予防法としても活用できるので、無理しない程度に、1日に短時間でも時間を取って、継続的に行うようにすることがお薦めです。

当サイトでは、頚椎ヘルニアやストレートネックを治すことができ、尚且つ短時間で気軽にできる予防ストレッチとして「徳永式治療法」をお薦めしております。1日5分程度実践するだけでいいので、運動が苦手な人でも続けやすい方法です。

頚椎ヘルニアの予防にしろ改善にしろ、ストレッチは少しずつ筋肉を鍛えていくものなので、継続しないと効果は薄いです。最初は面倒に感じるかもしれませんが、上手に日課として習慣付けてください。

きっと、あなたが今抱えているお悩みはこの徳永式治療法で解決できますので、1日も早く実践することをお薦めしたいと思います。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.