頚椎ヘルニアで耳鳴りが起こった場合にはどう対処すればいいのかをお伝えしています。

耳鳴りについて

頚椎ヘルニアは首にある椎間板に問題が起こることによって様々な不調が現れる病気です。

頚椎ヘルニアによって引き起こされる不調は患部近くである首や肩に留まらず身体の様々なところに起こりますが、そのなかのひとつが耳鳴りです。

首というのは身体の重要な神経や血管が集まっている箇所ですので、ここに問題が起こると首だけでなく肩や腕、足など様々な場所に症状が現れるのです。

耳鳴りが起こる原因にはいくつかありますが、頚椎ヘルニアの場合には椎間板が血管を圧迫し、血液の流れが滞ってしまうためと言われています。

症状が軽いうちはちょっとした首の痛みや肩こりとして現れることが多く、頚椎ヘルニアを連想されないことも多いです。

しかしその一方で、頚椎ヘルニアは、神経の集中する首で問題が起こっているため、軽症のうちでも身体の様々なところへの症状が出やすいです。

耳鳴りや頭痛、手足のしびれなどが出ても、おかしいと思った時にすぐに病院に行けば、病気が軽度のうちに治療を開始できる可能性が高いです。

首の痛みや肩こりの症状に加えて耳鳴りや手足のしびれなどの症状が起こった場合には頚椎ヘルニアを疑って、できるだけ早く病院で正しい診断を受けるようにしてください。

もちろん、悪化すればさらに痛みが酷くなったり、感覚が鈍くなる、手足にしびれや痛みなどといった症状が複合的に起こる場合もあります。

耳鳴りも、悪化すれば難聴になりますし、あまりにも悪化してしまうと聴力が元の状態にまでは戻らないという状況になりかねません。

症状を緩和させ、完治を目指すためには医師の診断をきちんと聞いて治療に臨むことが大切ですが、それに加えて日常生活での意識も大切です。

というのも、頚椎ヘルニアの原因には姿勢や運動不足など、普段の生活習慣が大きく関わっているからです。

頚椎ヘルニアの改善はもちろん、予防にも役立つ「徳永式治療法」を使って、継続的にストレッチをすることをおすすめします。

「徳永式治療法」は1日5分程度行うだけで良いので、毎日の継続がしやすいのも特徴です。頚椎ヘルニアの予防・改善のためのストレッチは毎日コツコツと継続することが必要なので、続けやすさは重要です。

もっと詳しい内容は、下記から確認することができます。きっと、あなたの抱える辛い症状を改善する助けになるはずです。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.