頚椎ヘルニアの手術は後遺症が出る可能性があり危険です。

手術の後遺症

頚椎ヘルニアの手術では、頚部の複雑な神経や骨を触ることになりますので、後遺症の可能性はないかというと、ゼロとは誰も断言できません。

手術になかなか踏み切れないという方の多くは、後遺症が怖い、このことが一番の理由だと言います。


麻痺があってもまだ耐えられる程度だし、手術によるリスクを考えると、どうしてもこのままの生活を送ったほうがいいだろう、という感じの方がとても多いようです。

また、手術による再発の可能性も拭えません。術後から痛みがあって、薬を投与しながら退院し、仕事に復帰できずに病院を転々とする方も多くいます。

ペインクリニックではブロック注射を打ったり、高周波熱凝固法を受けたり、痛みやしびれをごまかしたりしながら、頚椎ヘルニアと上手に付き合っていくしかないとも言われています。

そして手術によって残りやすい後遺症としては、後方除圧術や前方固定術の場合は、首の動きが悪くなったり、動く範囲が狭くなったりする後遺症がよくあり、また痛みや肩凝りなどもよくあります。

他には四肢の痺れや上肢の知覚麻痺、運動麻痺などもよくあります。また皮膚下の髄液が溜まって、術後の処置が必要になるケースも考えられます。

頚椎はとてもデリケートな部位ですので、血管を傷つけたりして出血が止まらなくなり、傷口からばい菌が入った場合は感染症を起こしたりもします。

また神経が損傷すると修復できず、ある程度傷が多いと手術をしても症状はよくなりません。手術は最終手段と言われていますが、安全性についてはしっかり考えて受けなければなりません。

もしあなたが、頚椎ヘルニアによる首の痛みや手の痺れで悩み、手術を受けたくても後遺症が心配で受けることができないと悩んでいるのであれば、人間の自然治癒力を使って、頚椎ヘルニアを改善することができる「徳永式治療法」をお薦め致します。

徳永式治療法の特徴は手術はもちろん、薬などにも頼らず、人間本来が持っている自然治癒力を利用して症状を改善していく方法です。ですので、体にかかる負担もなく安全に頚椎ヘルニアを改善することができます。

また、手術に踏み切ろうか悩んでいた、麻痺や歩行障害を持っていた方も、この徳永式治療法を実践したことにより高い効果を上げており、この治療法で延べ9万人以上の方が症状を改善している実績があります。

きっと、あなたが今お悩みの症状もこの徳永式治療法で改善することができると思いますので、下記より詳細を一度ご覧になり、1日も早くその辛い症状を改善してもらえればと思います。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから

頚椎ヘルニア患者を9万人以上
改善させた徳永式治療法


関連ページ3


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.