頚椎ヘルニアのブロック注射の有効性について解説しています。

ブロック注射の効果について

ブロック注射は局所麻酔を利用して筋肉を弛緩させ、血行促進を行うことで痛みを和らげる治療法です。

様々な痛みに対応しているブロック注射ですが、頚椎ヘルニアもその適応症のひとつです。

頚椎ヘルニアに限らず、ブロック注射は人による差異が大きいのも特徴です。

何度受けても全く効果がなかったという人がいる一方で、1度受けたら痛みの症状が無くなって、その後再発もしなかったという人まで様々です。

これには医師の技量や患者の体質、症状の状態など様々な要因が絡み合ってくるため、医者もこの効果について絶対とは言えません。

ですが、手術のように大規模なことにはならないので、温熱療法などで到底追いつかないという状況でしたら、手術の前にまずはブロック注射を試してみることも一つの選択肢と言えます。

整形外科でもブロック注射は扱っていますが、その病院に頚椎ヘルニアに詳しい評判の名医がいるという場合を除いては、できればペインクリニックで受けることがお勧めです。

ペインクリニックとは痛みを専門に扱う診療科です。ブロック注射での治療を主にしているため、知識も経験も蓄積されているところが多いのです。

ただし気をつけたいのは、ブロック注射は基本的には痛覚を麻痺させるだけであって、その原因を取り除けるわけではないということです。

もちろん、一時的にでも首の痛みや手の痺れが取れ、筋肉が弛緩されたことがきっかけで綺麗に治ってしまったという例もあります。

しかし、何度ブロック注射を打っても症状が良くならない、逆に悪化したという例がいくつもありますので、ブロック注射によって少しでも痛みが引いている間に、他の治療法も並行して行うことが求められます。

当サイトでは、頚椎ヘルニアを根本から治す方法として「徳永式治療法」をお薦めしております。この治療法は、延べ9万人以上の頚椎ヘルニア患者さんを治してきた、徳永先生が独自に考案したもので、大勢の方がこの治療法で症状を改善しています。

ですので、あなたが今悩まれている首の痛みや手の痺れは、この治療法で大いに改善する可能性がありますので、まずは一度詳しい内容をご覧になることをお薦めします。

徳永式治療法の詳細は下記よりご案内しておりますので、頚椎ヘルニアで長いこと悩んでいる方は一度ご覧になってみてください。きっと、この治療法があなたの首の痛みや手の痺れを改善するきっかけになるはずです。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから

頚椎ヘルニア患者を9万人以上
改善させた徳永式治療法


関連ページ3


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.