頚椎ヘルニアのレーザー治療を受けようか考えている方はもう一度考えなおしてみてください。

レーザー治療について

現在、頚椎ヘルニアを治す方法としては、昔と比べて格段に選択肢が増えています。

特に内視鏡や顕微鏡などを利用した手術を行えば、従来よりもはるかに体に負担をかけずに、頚椎ヘルニアを解消する事が出来ます。

そして、頚椎ヘルニアの手術法はさらに進化を遂げ、新たにレーザー治療と呼ばれるものが用いられるようになりつつあります。

このレーザー治療の最大の特徴は、何と言っても体に大きな負担をかけないという点です。内視鏡手術や顕微鏡手術も同じように体に掛かる負担が小さい事が売りとなっていましたが、レーザー治療はそれらの方法よりもはるかに体に掛かる負担が少なく、また日帰りで治療を終えることができます。

レーザー治療を行うには、レーザー光を照射するための光ファイバーを体内に通す必要がありますが、それを通すだけのスペースを確保する事が出来れば、後は体を傷つけることはほとんどありません。

そのまま椎間板にレーザーを照射して、ヘルニアを解消する事が出来ます。このように非常に楽で体の負担が少ないレーザー治療ですが、まだまだ課題点も多いのが実情です。

例えば症状の進行具合によっては、レーザーだけでは力不足になることも多く、レーザー光をいくら照射しても、末期段階まで症状が進行しているような患者さんの場合、飛び出している髄核を全て焼くことができず、症状を改善することが困難になります。

さらに非常に費用が掛かることでも知られています。レーザー治療はまだ最新医療として扱われており、健康保険が適用されていないので、1回の医療費におよそ20万円~30万円程かかります。

そのため医療費は全て自腹で支払わなければなりませんので、経済的に余裕のある方でしか受けることができないというデメリットもあります。

ですが、当サイトでお薦めしている徳永式治療法は、安価で治療をすることができるだけでなく、レーザーとは違い、頚椎ヘルニアを根本から治すことができます。

もしあなたが、レーザー治療を受けようか悩んでいるのであれば、治るかも分からない治療に高いお金を払って受けるより、より確実に頚椎ヘルニアを治すことができる、徳永式治療法を実践することをお薦め致します。

まずは下記より徳永式の詳細を確認してみてください。きっと、詳細をご覧いただければ、レーザーなどを使わなくても、頚椎ヘルニアを確実に治すことができるとご理解いただけるはずです。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから

頚椎ヘルニア患者を9万人以上
改善させた徳永式治療法


関連ページ3


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.