頚椎ヘルニアの再発を防ぐには首周りに適切な筋力をつけることです。

再発について

頚椎ヘルニアは再発率がとても高いと言われています。一度急性期を経験し、その後安静をとってからリハビリに励む、ここまでほぼ順調にこなした場合でも同様です。

では何故、頚椎ヘルニアは再発率が高いのでしょうか。まず1つは椎間板自体がダメージを受けやすい組織であることが挙げられます。


同一姿勢をしばらく取ってしまうと、誰でも椎間板には負荷が加わります。そしてこのような時間が長ければ長いほど、椎間板に悪影響を及ぼしていきます。

このようなことから、リハビリをしっかりとして治療に専念しても、今までの日常生活に戻っていくだけで、状態が元に戻ってしまう方は多くいます。

つまり頚椎ヘルニアを完治するためには、生活習慣の改善を取り入れることがもっとも大切なのですが、そうはなかなかいかない、という方が多いと思います。

現代社会、あるいは現代の仕事環境そのものが、このことを難しくしてしまっています。病気と仕事ではどちらが大事か、健康が一番とはいえ、では仕事を減らそう、とはすぐには行きません。

デスクの合間を見て体操時間を設ける企業が増えている程度で、理想的な解決策までには至っていない、これも現実です。しかし生活習慣を改善して完治した方もいますし、しっかりと予防を行い、自己管理を徹底している人もいます。

頚椎ヘルニアを完治できるか、できないかはあなたの努力次第です。実行は決して簡単ではありませんが、無理せずに継続できるように努力することが一番です。

もしあなたが頚椎ヘルニアを再発してしまい悩んでいるのであれば、当サイトでは「徳永式治療法」をお薦めします。この方法では延べ9万人以上の患者さんが症状を完治しているだけでなく、完治後の予防法にも使われています。

もし、あなたが「頚椎ヘルニアに長いこと悩んでいる」、「予防するための方法を知りたい」と思っているのであれば、この徳永式を一度実践することをお薦めしたいと思います。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから

頚椎ヘルニア患者を9万人以上
改善させた徳永式治療法


関連ページ3


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.