頚椎ヘルニアは安静にしている期間としっかりと動く方が良い期間があります。

安静期間について

頚椎ヘルニアは痛みの激しい急性期と、少し落ち着く慢性期があります。この中で特に安静期間が重要とされるのは急性期です。

というのも、急性期は激しい炎症が起きている時期なので、動かしたり温めたりすることは炎症の悪化に繋がります。

そのため、頚椎ヘルニアの患部の負担をコルセットやカラーで軽減することが必要なのです。

この頚椎ヘルニアの急性期はだいたい2~3週間ほどというのが一般的です。つまりこの期間が安静期間ということで、この安静期間の間はとにかく首の負担を減らすことを考えてください。

場合によっては筋弛緩剤や消炎鎮痛剤などを利用して頚椎ヘルニアの痛みを和らげる処置を行うこともできます。この安静期間を過ぎて症状が落ち着いても、それで治るわけではありません。

安静期間が過ぎても頚椎ヘルニアは慢性的な痛みが残ってしまうことがほとんどのため、この時期からは温熱をはじめとした保存療法が行われます。

頚椎ヘルニアの痛みやしびれが強く残ってしまって日常生活に支障が出ているという場合には、ブロック注射による即効性の高い治療や、手術などが検討されることもあります。

ただしここまでに紹介したものは基本的には対症療法です。一時的には改善しますが、これで完治となる人は多くはありません。

根本から解決するには、そもそもの原因となる悪い姿勢を日常生活で直す努力をしたり、運動不足や姿勢の悪さによって崩れてしまった身体のバランスを整えるためのストレッチを行う必要があります。

ただし、間違った動かし方をしてしまうとかえって悪化させてしまう危険があるので、できるだけ専門家の指導を受けて学ぶようにしてください。

近くに頚椎ヘルニアのリハビリに詳しい専門家がいないという場合には、「徳永式治療法」がお勧めです。

長い間、頚椎ヘルニアやストレートネックなどの治療をしてきた徳永先生が、自宅で誰でもできるようにと考案された治療法です。

また、自分一人だけでは不安だという人に向けて、来院すれば直接指導を受けられる特典もついているので、安心して正しいストレッチを学ぶことができます。

もしあなたが頚椎ヘルニアに悩んでいるのであれば、ぜひ「徳永式治療法」を実践してみてください。きっと、あなたを悩ませている症状を改善するきっかけになるはずです。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから

頚椎ヘルニア患者を9万人以上
改善させた徳永式治療法


関連ページ3


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.