関連ページ2です。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ2

関連ページ2について

加齢による頚椎ヘルニア

頚椎ヘルニアは、40代から発症の可能性が高まってくると言われています。その理由は加齢になるにつれて、椎間板の水分が失われてくるからです。つまり40代というのは、椎間板の老化が著しく加速してくる時期である、と言えます。

中年以降にこれらの組織に影響しやすい習慣として、姿勢の悪化と運動不足、また肥満などが主に考えられます。またこれらは多くの生活習慣病の大きな原因であるとも言えます。

加齢そのものによって老化が起こることが原因、とは言っても、高齢者になっても頚椎ヘルニアにならない方もいらっしゃいます。やはりそこの違いは、日常のケアや日頃運動を行なっているかなど、日常生活の過ごし方に違いがあると思われます。

そのためにはまず、若いときから首のケアを意識して行なうことが大切です。頚椎ヘルニアの主な原因は、体のバランスの崩れ、首周りの筋力不足、血流の悪化などがあります。

これらを予防するためには、日頃から運動を行い首を鍛えるトレーニングをしたり、体のアンバランスを修正するためにストレッチをしたりと、色々なケアが必要になってきます。

生まれつき頚椎ヘルニアになりやすい、という人も中にはいますが、日常的なケアをしっかりとしておけば、十分予防することが可能です。

もしあなたが、40代の節目を迎え、自分の体が少し加齢になってきたかな、と感じる方は、今お伝えしてきたことを積極的に行うことをお薦め致します。

頚椎ヘルニア患者を9万人以上
改善させた徳永式治療法


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.