頚椎ヘルニアにコルセットが必要なのは痛みが強いときだけです。

コルセットを使用していいのは急性期のときだけです

頚椎ヘルニアは急性期で痛みが酷い場合、首を固定させて安静にすることが求められます。

この時に使用するのがコルセットになりますが、この医療器具には様々な種類があります。

例えば、急性期による炎症の最中であったり、動かすだけで症状が悪化してしまうような病状である場合には、しっかりと固定できるものを選びます。

一方、そこまで重症ではない場合は固定するのではなく、頭を置く場所を作って患部を休めることを目的としたコルセットもあります。

どのような製品を選ぶかは、まず病院できちんと医師の診断を受けて、頚椎ヘルニアの程度を確認して医師の判断を仰ぐことです。

頚椎ヘルニアが慢性化していているという人は、医師のアドバイスを受けつつも、季節に合わせて使いやすいコルセットを購入すると、日常生活へのストレスを減らすことができます。

真夏の暑い時期に蒸れやすいコルセットでは、患部を休めることは出来ても、暑さや蒸れ、かゆみやあせもなどで別の体調不良が出てきてしまいます。

首を覆うことになるので、ある程度暑さがあるのはどうしようもありませんが、風通しの良いメッシュ工法で固定力は充分にあるものも販売されているので、そういったものを選ぶようにすることがお勧めです。

一方で、この治療法を行う時に気をつけなければならないこともあります。頚椎ヘルニアはそもそも、首回りの筋肉が弱って頭を支えきれずに骨と骨の間が狭まり、その間にある髄核が飛び出して神経を刺激するものです。

つまり、しっかりと頭を支えることができるよう、頚椎の患部周りを強化することが必要なのです。コルセットをつけていると確かに楽ですが、常に装着し続けていると動きを制限されるために筋肉が弱り、筋力が低下して、かえって症状悪化を招いてしまいます。

そのようなことにならないよう、首を鍛えることも並行しておこない、頚椎ヘルニアを根本から治す努力をすることが大切です。

当サイトでお薦めしている「徳永式治療法」は、頚椎ヘルニアを根本から治すだけでなく、再発や予防にもとても有効な治療法です。

また、今までに延べ9万人以上の患者さんがこの治療法を実践したことによって、頚椎ヘルニアを改善することに成功していますので、あなたを悩ませている頚椎ヘルニアも必ず改善することができるはずです。

徳永式治療法の詳細は下記よりご覧いただくことができますので、まずはあなたの目でこの治療法の内容を確認してみてください。きっとこの徳永式治療法が、あなたを悩ませている頚椎ヘルニアを改善するきっけかになるはずです。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.