頚椎ヘルニアは保存療法で食い止め改善することができます。

保存療法で進行を食い止める

頚椎ヘルニアは椎間板の損傷によって神経を圧迫して激しい痛みや手足のしびれ、自律神経失調症など様々な症状を引き起こす病気です。

もし頚椎ヘルニアの症状が進行した場合は痛みが激しくなるだけでなく、運動障害や排泄障害など日常生活を送ることすら困難になる上、後々まで後遺症が残る可能性まで出てきます。

そうならないためにも早めの治療が重要になってくるわけですが、頚椎ヘルニアの進行を食い止めて治していくには保存療法という手法が非常に重要になってきます。

保存療法は自身の能力が重要になってくる方法です。手術のように患部に直接手を加える事はせず、自然治癒力によって神経の炎症を治し、頚椎周りの筋肉を鍛えることによって痛みの元となる頚椎への負荷を分散させます。

保存療法の内容は主に対症療法と運動療法に分ける事ができ、痛みが激しい時は対症療法によって症状を和らげて、運動療法で筋肉を鍛えると共に代謝機能を活発にしていきます。

対症療法は一時的に症状を抑えるためのものなので、頚椎ヘルニアそのものを解消する事が出来るわけではありませんが、運動療法を円滑に進めるためには絶対に欠かせないものです。

対症療法には複数の種類があり、横になって痛みが引くまで大人しくしている安静療法や、硬くなった筋肉を温めてほぐす温熱療法や逆に患部を冷やして炎症を和らげる冷却療法、痛み止めを服用して症状を抑える投薬療法、患部に直接麻酔薬などを注射して痛みを抑える神経ブロック注射など様々な方法で症状を抑える事が出来ます。

運動療法は身体を動かすことによって代謝機能を活性させたり、筋肉を鍛えて骨への負担を分散できる体作りのための治療なのですが、激しい運動をすると返って頚椎に大きな負担を掛けることにも繋がるので、軽いストレッチなどの運動がメインとなります。

毎日根気強く身体を動かし続けていれば、少しずつ痛みを感じることも少なくなっていき、いずれは完全に痛みを感じることなく生活することが出来るようになるでしょう。

運動療法で頚椎ヘルニアを改善させるために有効な手段として、当サイトでは「徳永式治療法」をお薦めしています。

徳永英光先生はストレッチやトレーニングをメインとした治療を行なっている先生で、これまでに延べ9万人以上の頚椎ヘルニア患者さんの病状を改善してきた実績があります。

もしあなたが頚椎ヘルニアで悩んでいるのであれば、一度徳永先生のストレッチを実践してみてください。きっと、この治療法があなたを悩ませている頚椎ヘルニアを改善するきっかけになるはずです。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.