頚椎ヘルニアに対して整形外科で行われる治療の種類をご紹介。果たして本当に治すことが可能なのか。

整形外科について

整形外科での頚椎ヘルニアの治療法は大きく2つに分けられます。

1つは鎮痛薬投与、コルセット、ブロック注射、温熱療法、低周波療法などを含む保存療法で、症状が手術をしてすぐにでも改善したいほどではない場合や、身体への負担を軽くして進めたい方向けの方法です。

またもう1つが手術による方法です。頚椎ヘルニアで使われる主な術式としては、レーザー手術、内視鏡手術、顕微鏡下手術、脊椎固定手術等になります。最近はレーザー手術を受ける方が増えているようです。

従来型の手術に比較して出血が少なく、身体への負担を少なくして受けることができ、また技術が大きく進歩しています。

頚椎の異常がある場合や、首のあたりに違和感を感じたような場合は、できるだけ早めに整形外科で一度検査を受けることが大切です。正確な診断を受けたら、すぐに治療を開始することで痛みやしびれの軽減も早くなります。

激しい痛みが続いたり、薬物投与やブロック注射などの効果がほとんど無いような場合は、発見が遅く、頚椎ヘルニアへの対処も遅いケースがほとんどです。筋力も低下してきますので、手術しか方法が無くなります。

頚椎ヘルニアを疑って検査を受けるべき症状としては、次のようなものがあります。

・背中のあたり、とくに肩甲骨の周りのあたりが痛む場合
・肩や腕のあたりから指先にまで達するようなしびれを感じた場合
・上を見上げたり、後ろ側にのけぞるような姿勢をすると痛む場合
・夜間になっても痛みが続いて眠れない日が続くような場合

整形外科での診断方法としては、X線撮影をすることで突出したヘルニアや骨の棘などが確認できます。またより詳細に神経根が圧迫を受けているかどうかなどはMRI検査をすることで正確に知ることができます。

頚椎ヘルニアの痛みやしびれで悩み、何か良い方法がないか探している方には、徳永式治療法がおススメです。

この方法であれば自宅で簡単に行うことができるので、長い期間病院などに通う必要もなく、薬を飲み続けることもなく、即効的に症状を治すことができます。

もしあなたが、頚椎ヘルニアの症状で困っているのであれば、この徳永式治療法の詳細を下記よりご覧になってみてください。あなたを悩ませている首の痛みやしびれを改善するきっかけになるはずです。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.