頚椎ヘルニアには枕を変更したところでほとんど無意味です。

枕について

頚椎ヘルニアの主な症状としては、首の激しい痛みや、手のしびれなどです。

また、日常生活で首を保護する方法は色々とありますが、その中でも頚椎ヘルニアを治療、予防するための手段として枕に注意を向けることも大切です。

普段何気なく使っている枕が悪影響を及ぼし、次第に椎間板が圧迫を受け、頚椎ヘルニアを発症することがあります。

しかし、この事実になかなか気付かないでいる方も少なくないと言えます。自分の首に合っているのかどうか、ここをきちんと把握して使用しないと、いつ頚椎ヘルニアを発症してもおかしくありません。

また、寝違えてしまうことが多い方も要注意です。他にも頭痛が起こったり、目が疲れる、肩凝りや首の凝り、腰痛や疲労が解消できないなど、枕が悪いと様々な影響が考えられます。

またしっかりと自分に合っているものであれば、起きている間に疲労が溜まった首の筋肉をしっかり休ませてくれますし、背骨に起こった多少のずれについても矯正するように機能します。

これに対して間違ったものを使用していると、いくら寝ても解消できなかったり、首の状態を悪化させている状態が続くこともあります。しっかりと自分に合ったものを選んでおけば睡眠も深まり、自然治癒力がどんどん増加します。

選び方のコツとしては、まず自宅にあるタオルやクッションなどを利用して、自分の最適な高さを見つけます。タオルは折りたたみながらクッションの下に敷いたり、バスタオルを下に敷いたりして、自分の理想の高さを確かめてみます。

また素材にも注意します。寝ているうちに高さが変化してしまうような低反発素材のものは、寝込みはよくても、朝方になって痛んでしまうこともよくあります。

やはり大事なのは高さです。この高さが合っていないと、どんなによい素材のものを使用しても、ほとんど何も変わらない結果になってしまうことがほとんどです。

また今では、自分に適したものをオーダーメイドしてくれるメーカーもあります。もし、自分に適した枕を使用したいと思っている方は、このようなところに依頼してみるのもお薦めです。

当サイトでは頚椎ヘルニアを根本から解決するための方法として「徳永式治療法」を推進しております。この治療法で延べ9万人の患者さんが短期間で頚椎ヘルニアを完治し、また予防のためにも多くの方に愛用されています。

もし、あなたが頚椎ヘルニアを早く治したいと考えているのであれば、この「徳永式治療法」を実践してみてください。きっと、あなたが今抱えているお悩みは、この徳永式で解決できるはずです。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.