頚椎ヘルニア患者さんは牽引を受けるべきではありません。

牽引について

頚椎ヘルニアの治療方法のひとつに牽引があります。牽引というのは患部を引っ張ることで筋肉を和らげ、血行改善などを行うものです。

頚椎ヘルニアは骨と骨の間が狭まり、髄核が飛び出して神経を刺激して痛みや痺れを起こすものなので、狭まった部分を広げるものだと思っている人が多いですが、実はストレッチの一種として行われています。

また、牽引には医学的根拠がないので、医師によっては行っていないという方も多くいます。とはいえ、牽引によって頚椎ヘルニアが治ったという人もいます。

一方で、牽引を行ったことで症状が悪化してしまったという人もいるので、その人の症状や体質に合うかどうかが重要なポイントとなってきます。

ですから、この治療方法が自分に合っていると感じるのであればそのまま続ければ良いですが、そうでない場合には速やかに他の方法に移行することをお薦めします。自分に合わない方法をずっと行っていると、かえって症状を悪化してしまう原因にも繋がります。

では他にはどのような治療方法があるのでしょうか。筋肉をほぐし、狭くなっている部分を拡げるという方向で考えるのであれば、頚椎ヘルニアの予防と改善のために考案されたお薦めの治療法がひとつあります。

それは「徳永式治療法」といいます。徳永式では、こわばっている筋肉をほぐすこと、狭くなっている部分を拡げること、首周りを鍛えること、体のバランスを正しく整えることを目的としています。

またこの治療法は、長年にわたって9万人以上の頚椎ヘルニア患者さんを治してきた徳永先生が、その経験の中から独自に考案されたものです。

もちろん、牽引と同様に合う合わないはありますが、実際に多くの患者さんが改善している実績があるので、当サイトでは自信を持ってお薦めしております。

頚椎ヘルニアの改善を目指す時に最も大切なポイントは、崩れている体のバランスを戻し、首周りに適切な筋力をつけることです。首の痛みや痺れがあるからといって、首だけを治療しようとする方がいますが、それでは一時的な対処にしかなりません。

頚椎ヘルニアの根本的な原因は、体全体のバランスの崩れにあることがほとんどなのです。ですので、根本から頚椎ヘルニアを治すには、この崩れている体のバランスをしっかりと正常な位置に戻す必要があります。

その点、徳永式ではその部分を最重要視して治療を行っていくので、頚椎ヘルニアをしっかりと治すことができるのです。

徳永式治療法の詳しい内容は下記からご覧頂くことができますので、まずは一度内容を確認してみてください。きっとこの治療法が、あなたを苦しめている頚椎ヘルニアを改善するきっかけになるはずです。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.