関連ページ5です。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ5

関連ページ5について

頚椎ヘルニアの簡単な予防方法

首の痛みや手足のしびれなど多くの症状を引き起こす病気といえば頚椎ヘルニアと呼ばれている病気です。まずは、頚椎ヘルニアがどのようなメカニズムで起こるものなのかをこれからご説明します。

首や背中には体を支えるために様々な骨があります。その中でも骨が連なっている場所があり、椎間板と呼ばれています。椎間板には衝撃を抑える軟骨と呼ばれている骨が存在しています。この椎間板の軟骨が、何らかの原因で飛び出してしまうのがヘルニアです。

そして、この症状が頚椎で起こるのが、頚椎ヘルニアです。この病を発症してしまうと、神経が圧迫されることによる首の痛みやしびれといった症状が出てきます。

最初は肩が上がらないといったものですが、酷くなってくると歩行困難や物が持てなくなるなど、生活に支障をきたすようになってしまうこともあります。

発症し重症化してしまうと大変な病ですが、実は簡単なストレッチを毎日行うだけで予防することができます。

なぜそのような簡単な方法で予防が可能なのかは、頚椎ヘルニアが起こる原因から考えていくと分かりやすいです。

頚椎ヘルニアの原因というのは筋力の低下と言われています。一定の年齢になると次第に筋力というのは衰えてしまいます。すると軟骨が衝撃に耐えられなくなり飛び出してしまうのです。

これを防ぐためにストレッチなどを普段から行い筋力の低下を防ぐというのが予防対策です。年齢を重ねても筋力の低下が起こらないよう簡単なストレッチを行うことで、頚椎ヘルニアの発症を防ぐことができるのです。

またこの方法は、軽症であれば既に発症してしまった症状の改善にも役立ちます。1回数分でできる簡単な内容ですので、気軽に続けていきやすいのもポイントです。

頚椎ヘルニア患者を9万人以上
改善させた徳永式治療法


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.