頚椎ヘルニアと交通事故の関係性についてお話しています。

交通事故について

交通事故による衝撃で頚椎ヘルニアになってしまう人がいます。

しかし、一度の交通事故でいきなり頚椎ヘルニアになるとは考えない医師も多く、相談しても以前からあった無自覚の頚椎ヘルニアが悪化したのではないかと返答をされることもあります。

このような外傷性の頚椎ヘルニアに理解が深く、交通事故が原因で頚椎ヘルニアが悪化したのなら、充分に保険や後遺障害の対象になると考える医師もいます。しかし、交通事故の場合、なかなか認められないことが多くあります。

最初に受診したところが外傷性の頚椎ヘルニアに理解のある医師がいるかどうかは、病院に着いてみないとわかりません。ですから、患者側もある程度の知識が必要になります。

もし、通院している最中で主治医に不安や疑問を覚えた時には、セカンドオピニオンなどの選択を考えることが必要かと思います。

また、患者側がある程度の知識を持つことが的確に症状を治すためには必要ですし、その後の保険会社との揉めごとを避けるためにも、やはりある程度の知識は持っておくことが必要かと思います。

まず、頚椎ヘルニアを調べる場合、MRI検査は必須といえます。中にはレントゲンだけで判断する医師もいるので、そのようになった場合にはMRI検査をしてもらえるように言うか、他の病院でも診断を受けるようにしたほうが賢明です。

なぜかと言うと、しっかりと検査を受けておけば、その後の保険会社との交渉も有利に働きますし、万が一、後遺障害認定になった場合、受け取れる金額が大きく変わってくるため、後々のことを考えるとしっかりと検査を受けておくことが得策です。

しかし、MRIで頚椎ヘルニアが確認できたとしても、これが本当に外傷性なのか、その因果関係を判断するのはなかなか難しいものです。特にある程度高齢の方の場合には、加齢によるものである可能性も高くなりますから、さらに判断は困難になります。

交通事故を境に症状が現れた、症状が一気に悪化したのであれば、その事実をしっかりと主張しないと、後々保険会社と揉めることになりますので、はっきりと主張しておくことが大事です。

ここまで交通事故による外傷性の頚椎ヘルニアについてお話してきましたが、保険会社との交渉も大事ですが、まずはあなたの首の痛みや手の痺れを治すことが先決です。

また、整形外科などに通っても、薬や湿布、牽引などの治療で終わってしまい、なかなか症状が治らないと悩んでいる方は多いと思います。

もしあなたが、色々な治療法を試してみたけど、首の痛みや手の痺れがなかなか治らないと悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている「徳永式治療法」を一度実践してみてください。

この治療法は、頚椎ヘルニア治療のスペシャリストである徳永先生が独自に考案された治療法で、今までに延べ9万人以上の頚椎ヘルニア患者さんが症状を改善している実績があります。

ですので、この治療法を実践すれば、あなたの首の痛みや手の痺れも回復してくると思いますので、まずは一度詳しい内容をご覧になってみてください。

徳永式治療法の詳細は下記よりご案内しております。きっと、この治療法があなたの首の痛みや手の痺れを改善するきっかけになるはずです。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから

頚椎ヘルニア患者を9万人以上
改善させた徳永式治療法


関連ページ5


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.