関連ページ4です。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ4

関連ページ4について

頚椎ヘルニアは首周辺の筋力の衰えによって発症しやすくなる

頚椎ヘルニアは、現代人が発症しやすい病気の一つといわれています。その理由が首周辺の筋力の衰えや、現代人の生活環境の変化が大きいと言われてます。

現代ではパソコンの普及によって、デスクワークの仕事が多くなったり、子供達はゲームや携帯電話を長くいじるようになりました。

そのため、常に重たい頭を支えている首の負荷が大きくなり、椎間板に掛かる負担がどんどん増していき、頚椎ヘルニアを発症してしまう人が非常に増えていると言われています。

ですので、頚椎ヘルニアを予防するには、首周辺の筋肉を鍛える事が重要になります。首の筋力を鍛える方法は色々とありますが、簡単なものだと、手と頭で前後左右に10秒間押し合いするというものがあります。

ですが、首の筋力が衰えている人がいきなり激しいトレーニングを始めてしまうと、逆に首を痛めてしまう事もありますので、専門家の指導の下、トレーニングを行うことが必要です。

また、日本人は生まれつき神経の通り道が狭い人が多いと言われています。そのため、頚椎ヘルニアになってしまうとすぐに神経が圧迫されて、激しい痛みなどの症状が表れやすい上、体の老化は20歳を過ぎた頃から既に始まっていますので、油断しているとあっという間に体の組織は壊れてしまいます。

こうした事態を防ぐためには、出来るだけ毎日体を動かして老化を遅らせ、多少の負荷にも負けない体作りを行なう事が大切です。普段身体を動かす機会が少ないという方は、少しずつでもいいので、首の筋肉を鍛えて、頚椎ヘルニアを予防するよう心掛けてください。

頚椎ヘルニア患者を9万人以上
改善させた徳永式治療法


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.