頚椎ヘルニアを改善するのに漢方だけでは役不足です。

漢方の効果について

西洋医学の薬は特定の栄養素や身体に必要な成分をピンポイントに投与するものですが、東洋医学の薬である漢方は生薬であるため、それぞれに何に効くということはわかっていても、ピンポイントに特定成分のものを作るということはできません。

しかしこの特性は、身体に無理をかけずにバランスを整えながら頚椎ヘルニアを改善していくのに良いという利点があります。

また、身体への負担が少ないため副作用の心配もほとんどありません。とはいえ血流や筋肉、内臓などに作用することはできますが、頚椎ヘルニアの直接の原因ともいえる神経の圧迫の解決にはなりません。神経痛をある程度は和らげることはできても、その圧迫自体を取り除くことはできません。

症状が初期段階であれば、漢方で血流を良くすることにより筋肉もほぐれ、自然治癒力の向上など複合的な要素からの効果で痛みが抑えられ、そのまま治ってしまうこともあります。

しかし、症状が悪化し物理的に神経が強く圧迫されているような状態になると、漢方だけで頚椎ヘルニアを治すのは難しく、対処法的な鎮痛効果の役割しか期待できません。

頚椎ヘルニアは物理的に神経が圧迫されているのですから、物理的な方法での改善が最適です。そのひとつの例が、運動療法です。

正しい形で運動をすることで姿勢の悪さや首にかかっている負担を和らげ、筋肉を強化して頚椎を支える力を向上させます。

運動療法には様々な種類のものがありますが、頚椎ヘルニアを改善させる運動療法としてお薦めなのが「徳永式治療法」です。

徳永式治療法は、毎日コツコツと続けることが必須ではありますが、確実に頚椎ヘルニアを改善していきます。

また、この治療法で延べ9万人以上の頚椎ヘルニア患者さんが首の痛みや手の痺れを改善している実績もあります。1日、2日では効果を実感することはできませんが、継続して治療を行うことにより、確実に根本から治していくことができます。

もしあなたが、何をやっても頚椎ヘルニアが治らないと悩んでいるのであれば、この徳永式治療法を一度試してみてください。あなたのお悩みが確実に解決されるはずです。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.