頚椎ヘルニアを解消するのにテーピングだけでは役不足です。

テーピングの効果について

頚椎ヘルニアの治療方法には様々なものがありますが、その中のひとつにテーピングがあります。

頚椎ヘルニアで良く聞く治療法というと、温熱療法や牽引療法、安静にするためのカラーやコルセットといったものや、悪化してしまっている人に対してはブロック注射や手術といったものになります。

テーピングはあまり聞かないかもしれませんが、実は首の痛みや手の痺れの症状を和らげ、
改善に向かわせるために有効な方法のひとつなのです。

特に、キネシオテーピングというものが多く用いられます。これは大きな伸縮性を持つ医療用テープを利用するもので、身体の動きを助けることが出来ます。

伸縮性が大きいと言うと伸ばしたり引っ張って貼るためのものかと思われがちですが、そうではなく、伸びすぎたり収縮しすぎて固まってしまった筋肉に沿って貼ることで、筋肉の働きを助け、患部の自己治癒能力を向上させるためのものなのです。

頚椎ヘルニアは骨と骨の間にある椎間板から髄核がはみ出て、神経を圧迫して痛みや痺れが出現するものです。そしてその原因のひとつに、骨の歪みがあります。

頚椎ヘルニアにキネシオテーピングを利用する場合には、この疑似筋肉の助けによって、歪んでしまった骨を少しずつ矯正し、頚椎ヘルニアを改善の方向へ向かわせるのです。

テーピングは少しずつ矯正していくものなので、正常な状態に戻るまで時間がかかります。また、これをやっている時にはこれだけしか行ってはいけないというものでもありません。

歪んでしまった体のバランスを整えるためのストレッチや、痛みで凝り固まった身体をやわらかくする温熱療法なども併用して、無理なく改善していくことがお薦めです。

テーピングはスポーツの際に怪我の防止としても利用されるものですので、ストレッチや体操などにも相性はとても良いものです。

毎日コツコツと続けて身体のバランスを整え、身体を正常な状態にするとともに、同時に筋力アップを行うことで、頚椎ヘルニアを改善、予防していくことが可能になります。

ストレッチをしていない間はテーピングで筋肉の保護とバランスの矯正を行い、併用することでよりしっかりと頚椎ヘルニアを改善していくことができます。

ストレッチには、多くの頚椎ヘルニア患者を救ってきた徳永先生が考案された徳永式治療法がお薦めです。もしあなたが、長いこと頚椎ヘルニアが治らずに悩んでいるのであれば、まずは一度、この徳永式治療法を実践してみてください。

きっとこの治療法が、あなたを長いこと苦しめてきた頚椎ヘルニアを改善する第一歩に繋がるはずです。

→頚椎ヘルニア 頚椎症を21日間で治す 徳永式治療法はこちらから


Copyright © 2017 頚椎ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.